■ 熊野観光プラン

 み熊野トップ>熊野観光プラン

カスタム検索

◆ 南方熊楠を訪ねる旅(本宮方面から車で)


 熊野が誇る世界的博物学者、南方熊楠の訪ねる旅。
 私が本宮町などの方々をご案内するために考えたプラン。
 観光で訪れる方が実行するには本宮町あるいは中辺路町などで前日泊して午前中から田辺方面へお車で。盛りだくさんなプランなので実行後にもう1泊宿泊が必要かも。

 下記の車の所要時間は正確ではありません。だいたいの目安としてお読みください。
 途中、田辺市のどこかで昼食を取ることになると思います。
 南方熊楠記念館、顕彰館については館内整備などのために休館になることがありますので、あらかじめ各ホームページでご確認くださいませ。  |南方熊楠記念館南方熊楠顕彰館
 

鳥ノ巣半島南方熊楠邸伊作田稲荷神社

 和歌山県田辺市本宮町(あるいは中辺路町) |本宮の宿泊施設中辺路の宿泊施設
  ↓ 車で約30分(車で10分)
 継桜王子
  ↓ 車で約1時間
 熊野三所神社
  ↓ 車で約5分
 南方熊楠記念館(木曜休館)
  ↓ 車で約10分(次の鳥ノ巣半島へは道幅が狭いので運転の自信のない方は内之浦干潟親水公園の駐車場に駐車、徒歩20分)
 鳥ノ巣半島神島に最も近い陸地)
  ↓ 車で約10分
 神楽神社
  ↓ 次の日吉神社に駐車場がないので徒歩で。約3分
 日吉神社
  ↓ 神楽神社に戻り、車で5分
 南方熊楠顕彰館旧南方熊楠邸)(月曜日および第2・4火曜日休館)
  ↓ 車で5分
 闘鶏神社
  ↓ 車で5分
 高山寺
  ↓ 車で5分
 伊作田稲荷神社
  ↓ 車で10分
 八上神社
  ↓ 車で1分
 田中神社
  ↓ 
 帰途につく。
 あるいは宿へ。 |中辺路の宿泊施設白浜の宿泊施設田辺の宿泊施設

 

  • 熊野三所神社(和歌山県西牟婁郡白浜町)
    熊野三所神社には、熊楠による粘菌採集の案内を神島で受けるために昭和天皇が乗船した御座船が保存されています。

    熊野三所神社

  • 南方熊楠記念館(和歌山県西牟婁郡白浜町)
    白浜町にある南方熊楠記念館では南方熊楠の文献・標本類・遺品を保存・展示しています。屋上からは熊楠の保護運動により伐採を免れ国の天然記念物となった神島(かしま)が臨めます。入館料大人400円。

  • 鳥ノ巣半島(和歌山県田辺市新庄町)
    神島にもっとも近い陸地。

    鳥ノ巣半島

  • 神楽神社(和歌山県田辺市神子浜)
    熊楠が度々訪れた神社。境内にあった池で珍種の藻を発見しました。

    神楽神社

  • 日吉神社(和歌山県田辺市磯間)
    熊楠が守った森。

    日吉神社

  • 南方熊楠顕彰館旧南方熊楠邸)(和歌山県田辺市中屋敷)
    南方熊楠顕彰館は熊楠の業績をたたえて広く世間に知らしめるための施設。南方熊楠邸に遺された蔵書・資料を恒久的に保存します。入館無料。南方熊楠邸見学は有料(大人300円)。

    南方熊楠邸

  • 闘鶏神社(和歌山県田辺市湊)
    闘鶏神社の森は熊楠の植物研究の中心基礎点。熊楠の妻・松枝の父親は闘鶏神社宮司でした。

    闘鶏神社

  • 高山寺(和歌山県田辺市稲成町)
    この高山寺に隣接してあった糸田の申神社(さるがみのやしろ)から熊楠は数多くの隠花植物を採集しましたが、明治41年(1908年)に合祀されて神木も伐採され、そのことが熊楠が神社合祀反対運動に立ち上がるきっかけとなりました。
    高山寺は熊楠の菩提寺であり、墓地には熊楠のお墓があります。合気道の開祖、植芝盛平のお墓もあります。

    高山寺

  • 伊作田稲荷神社
    熊楠がよく採集に出かけた場所で、年をとってからは娘の文枝(ふみえ)に言いつけて採集に行かせ、時には地図を描いて目的のものの生育場所を示したとか。昼なお暗いシイを主とする森。

    伊作田稲荷神社

  • 八上神社
    熊楠が守った森。もと八上王子。

    八上神社

  • 田中神社
    熊楠らが守った田の中の森。

    田中神社

 

 南方熊楠が守った森と、熊野三山とその元宮・古宮をめぐる旅(お車で)
 南方熊楠を訪ねる旅(東京方面から飛行機+バス or レンタカー)
 南方熊楠を訪ねる旅(東京方面から飛行機+レンタカー)

熊野のレンタカー本宮の宿泊施設中辺路の宿泊施設
中辺路の宿泊施設田辺の宿泊施設白浜の宿泊施設

(てつ)

2011.1.18 UP

 

 

amazonのおすすめ


み熊野トップ>熊野観光プラン