■ 熊野の歌

 み熊野トップ>熊野の歌

カスタム検索

◆ 西園寺公経


 西園寺公経(さいおんじきんつね。藤原公経。1171〜1244)。源頼朝の妹婿一条能保の娘全子を妻とした親幕派の公家。 承久の乱に際しては後鳥羽院の蜂起計画を事前に察知し、幕府方に密告して幕府方の勝利に貢献。乱後は絶大な権勢を誇り、太政大臣にまで至りました。61歳で出家。
  新三十六歌仙。『新古今集』以下の勅撰集に114首入集。藤原定家(1162〜1241)の妻は公経の姉で、定家は公経一家から大きな庇護を受けました。

 その藤原定家撰の『百人一首』の96番め、

花さそふあらしの庭の雪ならでふりゆくものはわが身なりけり

嵐が花に落花を誘って吹き、庭に花びらを雪のように降らせる。その降りゆくさまを見ていると、古りゆく(ふりゆく。年老いてゆく)のは、花よりも我が身のほうなのだなあ。

 これは西園寺公経の歌。権勢を振るい栄華を極めた公経ですが、やはり老いには叶わないのだなあというような実感がこもった歌ですね。
 さて。

『続古今和歌集』より1首。

くまのにまうで侍ける時、かんのくらにて太政大臣従一位きはめぬる事を思ひつづけてよみ侍ける /入道前太政大臣

み熊野の神くら山の石たゝみ のぼりはてゝも猶祈るかな

み熊野の神倉山の石畳を登り終えてもまだ祈っているのだ。

(巻第七 神祇歌 740)

 熊野速玉大社の古宮とされる神倉神社が鎮座する神倉山(かみくらさん)。
 神倉山は熊野三所大神が熊野において最初に降臨した聖地であると考えられられ、そのため神倉神社は熊野根本大権現とも呼ばれました。
 
神倉神社は、神倉山の山上にある「ゴトビキ岩」と呼ばれる巨石群を御神体とし、そこに社殿もあります。そこまで行くには神倉山の麓から「神倉山の石畳」を登らなければなりません。

 ただ、公経の歌には「神倉山の石畳」とありますが、あれは石畳というより「石段」です。というか、もの凄い石段です。この石段は源頼朝の寄進と伝えられています。

熊野懐紙1:正治二年十二月三日 切目王子和歌会「遠山落葉、海辺晩望」 より2首

  詠二首和哥/参議左近衛中将藤原公経

遠山落葉

たつた山ふかきこずゑのいろをだに あらしに見することのはぞなき

竜田山の深い梢の色をさえ嵐に見せる言葉はない(?)。

海辺晩望

ながめやる心のすゑはくれにけり うらよりおちにうらづたひして

眺めやる心の末は暮れてしまった(?)。浦から遠くへ浦伝いに行って。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

(てつ)

2005.9.8 UP

 ◆ 参考文献

大阪市立美術館編集『「紀伊山地の霊場と参詣道」世界遺産登録記念 特別展「祈りの道〜吉野・熊野・高野の名宝〜」』毎日新聞社・NHK
本宮町史編さん委員会『本宮町史 通史編』本宮町
島津忠夫訳注『百人一首』角川ソフィア文庫

 

 

■西園寺公経の熊野関連の歌
・続拾遺集…1首
熊野懐紙…2首

■登場する熊野の地名(詞書を含む)
・熊野…1首
神倉山…1首

■神倉神社の石段
神倉神社石段

■参考サイト
二十一代集検索

楽天おすすめ商品


み熊野トップ>熊野の歌