■ 熊野の観光名所

 み熊野トップ>熊野の観光名所>白浜町

カスタム検索

◆ 日出神社(ひのでじんじゃ)  和歌山県西牟婁郡白浜町日置436番地  日置浦:紀伊続風土記(現代語訳)


もと「出月宮」

日出神社

 鳥居の神額には「日出神社」、石灯籠には「出月宮」と刻まれています。
 この神社はかつては出月宮といいましたが、1909年(明治42年)に村内の神社を合祀し、社名を日出神社と改めました。

 合祀された神社は、日置の稲荷神社・恵美須神社・金刀比羅神社・大古の春日神社・楡珈神社・金刀比羅神社・志原の春日神社・笠甫の春日神社・市江の日光兵子神社・安宅の八幡神社・山王神社・弁天神社・塩野の日生神社・矢田の王子神社・妙見神社。

日出神社

日出神社

 境内のほぼ中央にはクスノキの巨木。1つの根本から2つの幹が生育しているため「相生クスノキ(あいおいくすのき)」と呼ばれます。推定樹齢700年。根本回り13.5m、南東幹5.84m、北西幹4.90m、高さ20m。白浜町の天然記念物に指定されています。

日出神社

日出神社

 『紀伊続風土記』の日置浦の条には以下のようにあります(口語訳てつ)。

出月宮  境内森山周264間
 末社
 杵築社  木守社  住吉社
 大神宮・熊野権現・天満天神社  拝殿
村の中にある。1村の産土神で社殿は壮麗である。大永3年安宅氏再興の棟札がある。土地の人は、近郷に5社の女神があって当社を妹神とすると伝えいう。また当社の境内は古は殊に広大であったという。考えるに、本国神名帳の安宅比神であろう。安宅比神は比の字の下に売があるのを脱字したのであって、安宅比売神であろう。

日出神社

 ◆ 参考文献・参考サイト

紀伊続風土記 』臨川書店

和歌山県神社庁-日出神社 ひのでじんじゃ-

 

Loading...
Loading...
■熊野入門
熊野とは?
熊野三山とは?
熊野古道とは?
熊野詣とは?
熊野三山の主神
世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」
熊野へのアクセス

amazonのおすすめ

お近くの宿


アクセス:JR紀伊日置駅から明光バス田辺駅前行き、日の出バス停下車(最寄りのバス停自信なし)
駐車場:駐車スペースあり
地図Yahoo!地図

■白浜町の観光スポット
南方熊楠記念館
白良浜
三段壁
千畳敷
円月島
熊野三所神社
歓喜神社・白浜美術館
金刀比羅神社
熊野神社(桜の宮)
アドベンチャーワールド

■宿泊
白浜温泉の旅館・ホテル
白浜温泉の民宿
白浜温泉のペンション
椿温泉の宿泊施設

白浜へのアクセス
羽田から飛行機で白浜へ

(てつ)

2003.4.3 UP

 

 


み熊野トップ>熊野の観光名所>白浜町