■ 熊野旅行記

 み熊野トップ>熊野旅行記

カスタム検索

◆ 藤原定家『熊野道之間愚記(後鳥羽院熊野御幸記)』(現代語訳1)


 後鳥羽院の建仁元年(1201年)の熊野御幸に随行した歌人、藤原定家(ふじわらのさだいえ、1162年〜1241年)が書き残した日記『熊野道之間愚記(後鳥羽院熊野御幸記)』を現代語訳してご紹介します。5ページに分けて口語訳します。このページは10月5日から8日までの分。

  1. 藤原定家『後鳥羽院熊野御幸記』現代語訳1 京〜藤代
  2. 藤原定家『後鳥羽院熊野御幸記』現代語訳2 藤代〜田辺
  3. 藤原定家『後鳥羽院熊野御幸記』現代語訳3 田辺〜本宮
  4. 藤原定家『後鳥羽院熊野御幸記』現代語訳4 本宮〜本宮
  5. 藤原定家『後鳥羽院熊野御幸記』現代語訳5 本宮〜京

 『熊野道之間愚記』は、藤原定家の日記『名月記』から後鳥羽院の熊野御幸に従ったときの部分を抄出したもの。「後鳥羽院熊野御幸記」 「熊野幸庫記」「熊野御幸道之間記」「熊野詣記」などの別名があります。

 この1ページめがいちばん訳せませんでした。お気づきの点などございましたら、ぜひご教示ください。ご教授を受けながら徐々によい訳文にしていきたいと考えています。メールフォームはこちら

熊野道之間愚記 略之 建仁元年十月

 五日 天気晴れ

明け方の鐘以後に営みに参る。
左中弁(※藤原長房※)が昨晩に示し送って言うには、
「折烏帽子で参りなさい。ただし三津の辺りでは、立烏帽子を用いなければならない。また〔八幡御幸〕高良(※こうら。男山山麓にある、石清水八幡宮の摂社、高良神社※)御幣使のことを承知しておきなさい。あわせてまた〔御布施の事〕日前使も同じように勤めなければならない。所々の御布施取りのことを承知しておきなさい」

よって折烏帽子〔日頃、俊光はこれを折っている。みな、このようだ〕に、浄衣〔短袴、あこめ、生小袴、下袴、脛巾は白を用いる。初度はこのようだとのこと。シトニタビヲ付す〕を身につけて、縁の辺りの座に昇る。左中弁も同じくこのよう装束である。

例の如くしばらくの間、例の如く御拝。終わって門の中庭に出御〔御床几(※折りたたみのできる腰掛け※)に御尻をお懸けになる〕。
安倍晴光が御禊を奉仕する〔門の中央に向かって奉仕する〕。
公卿以下が列居する。

御供でない人々(役人や賦役の者の格好)は布衣(※ほい。布の狩衣※)、藁履きを身につけて、門外でお仕えしている。

御禊が終わって役人らは御精進屋を片づけて入られる。この間待たさせて御取り始め、いまだ終わらない間に出御。
殿上人が松明を取って前を行く。〔左右〕。道者でない者は前陣にいて南門を出る。
御船を御する間に自分用の船に乗って下る。
先達は早速に立った。明け方に衣帽を改める〔衣帽を改めて高良の御奉幣使に参るのだ〕。
船は甚だ遅い。営を構えて大渡に参着する。御船を出御する間である。
騎馬で先陣する。公卿らは多く輿に乗って先陣した。

宿院に入御して、御禊があった。
給仕の役人は日吉のようだ。事が終わって御座(御床几である)をお立ちになる間に、予は進んで高良の御幣に仕え、参上して御幣を取って神職〔束帯(※朝廷に出仕する際に着た公服※)の男であった〕に授ける。祝う間に、すぐに坂を登って薬師堂の方から参り控える。

馬場よりお昇りになり(御歩行)、御奉幣(内府(※内大臣。源通親※)が御幣を取って進められる)御拝。祝い終わって御神楽(御拝)の間、御馬を廻して、御随身(※ずいじん。おとも※)がこれを引く。次いで御簾の中に入御。

黄衣の男は桂榊を取り、黒衣の僧は幡を華幔を懸ける。
御経供養〔公胤〕。終わって、仲経、俊宗、予、隆清、有雅が布施を取る(請僧三口)。終わってすぐに退き下がる。

騎馬で木津殿の方に出る。人々は昼養する。屋形御所を打つ儀式などは例の如く厳重である。
予は最前に乗船して下る。衣装を解いて一寝する(水干の浄衣を着る)。
(※今の午後4時頃。また、午後3時から5時までの間。または、午後4時から6時の間※)の初めころにクホ津に着く〔先達が次第に融るべき由を先約する。相具わざるによる〕。王子(※窪津王子※)を拝する。人々前後に会合する。

だいぶ経ってから御船がお着きになる。御奉幣(長房がこれを取ってお授けになる。先達これを進める)、御拝は2度。先達がこれを申して退出する。
次に御経供養。里神楽。終わって上も下も乱舞する。宿老の人々は終わる前に退出する。

すぐに騎馬して馳せ奔り、先陣して坂口王子に参る。また前の儀式のよう。
また先陣してコウト王子に参る。前儀の如し。
また先陣して天王寺に参って、西門の鳥居の辺りを徘徊する〔公卿以下〕。

しばらくして入御〔御船の後に毎度お指しになる、予らはまたまた騎馬して先陣する〕。
金堂に御して舎利を礼する。公卿以下が神前に進み出てこれを礼する。次々に形の如く礼した。殿上人は後戸の方に廻り御経供養の布施を取る。導師の外に十禅師とのこと〔2包みばかり取りそろえ、これを取って持っていく。修二月(※しゅにえ。旧暦2月に行なわれる仏への供養※)のようだ〕。
すぐにお下りになる。御所にお入りになった後、退出して宿所に入る。コリをかき礼して、食事する。

疲労のため今夜は御所に参らない。また人疎にて所役なしとのこと。それでもやはり、この供養は世々(※よよ。過去・現在・未来のそれぞれの世※)の善縁(※仏道の縁となる、よい事柄※)である。奉公のさなか、宿命がそうさせたのだ、感涙が禁じ難い。

御供の人、
内府(※源通親※)
春宮権太夫〔宗頼は私的なお供であり、正式な御幸のお供ではない〕(※藤原宗頼※)
右衛門督(※坊門信清※)
宰相中将〔公経〕(※西園寺公経※)
三位仲経(※藤原仲経※)
大弐〔範光〕(※藤原範光※)
三位中将〔通光〕(※久我通光。こが みちてる。源通親の3男※)
殿上人、
保家(※藤原保家※)

隆清(※藤原保家※)
定通(※土御門定通。つちみかど さだみち。源通親の4男※)
忠経(※藤原忠経※)
有雅(※源有雅※)
通方(※中院通方。なかのいん みちかた。源通親の5男※)
上北面はだいたい全員である。
下北面はまた精撰した者がこの中にいる。
(※院御所の北面を詰所とし、上皇の側にあって身辺の警護あるいは御幸に供奉した廷臣・衛府の官人らを北面という。上北面は殿上人。下北面は武士※)

面目は身に過ぎて恐れ多い。人はきっと毛を吹く(※あらさがしする※)心があるのだろうなあ。

〔夜に入って、左中弁が題を送る。明日住江で披講すべし〕
夜に入って、左中弁が題三首をお書きになる。明日住江殿において披講(※ひこう。和歌会などで作品を読み上げること、またその人と※)せよとのこと。疲労している間は沈思することができない。

今夜の宿は、讃良(さらら)庄が勤仕した。


        
 六日 天気晴れ

夜明けころに出馬して、阿倍野王子を指して参る〔先達を伴って奉幣の儀式を致す〕。
次に住吉社に参詣。
先達が同じく奉幣。
初めて当社を奉拝して感悦の思い極りなし。
(住吉に奉幣の事)夜更けになって小宅に入って休息する。夜が明けてまた社頭に参る。
(※午前8時頃。また、今の午前7時から9時の間。または午前8時から10時まで※)の終わりに御幸、御奉幣(内府が取り継がれる。毎度このようだ)。〔例の袍衣冠の男が御幣を給わり、生絹(※きぎぬ。生糸で織った絹織物※)を袍衣冠の男に伝え祝を申ささせる。両人とも禄を給うこの間に神馬を引く)、里神楽、相撲三番がある。勝負が終わって御所〔住吉殿〕に入御。すぐに和歌を披講する。
(講師を勤める)
予はお召しにより講師を勤仕する。内府は序代(※序文※)を書かせられ、詠吟が終わって退き下がって小食。

帰参して出御以前に馳せ奔る。今日は御馬である。
次に境王子に参る。次第はまた例の如し。
次に境において御禊があった〔田の中である。南向き〕。

ここより先陣して昼の御養の御所に参る。
ただしここは予がすべきことはなく、よって右中弁(※左中弁の間違いか※)に知らせて先陣した。次は大鳥居新王子とのこと。
次第は前の如し。
次に篠田王子、また前の如し(先に松下で御楔ある。宗行は御使のためシノタ明神に参るとのこと)。
次に平松王子、この王子においてとくに乱舞のことがあった。

これより院は御馬を乗るのをやめて、歩いて平松新造御所に入御する。
各々宿所に入る(国の皆ことごとくが仮屋を設けて宛てがう。予らの分、ここは三間小屋である。板敷なし)。

今日の詠歌

 初冬侍
    太上皇幸住吉社、 同詠三首應 製和歌
              正四位下行 ・・・・・・・
後に御歌を清書しなさる           

  寄社祝

 あひおいのひさしきいろもときはにて
  きみが世まもるすみよしの松

相生の松の年月を経た様子は永遠を思わせる。永遠に君の世を守ってください。住吉の松よ。

  初冬霜

 ふゆやきたるゆめはむすばぬさ衣に
  かさねてうすき志ろたへの袖
          霜心己以髪髴、にわかに詠んだので力が及ばない

冬が来た。

  暮松風

 あはぢしまかざせるなみのゆふまぐれ
  こゑふきをくるきしのまつかぜ

夕暮れの淡路島を飾っている波。岸の松風が音を吹き送っている。

御製、祝に書いていう、

 かくてなほかはらずまもれ世をへて
  このみちてらすすみよしの神

このようにやはり変わらず守れ。いくつもの代を経て、この道(和歌の道)を照らす住吉の神。


感歎の思いが禁じ難い。定めし神威があるだろう。〔與ハ歟ナラン〕
今この時にあってこの社を拝すのは、一身の幸いである。

今日の宿の雑事は、大泉庄〔九條殿〕宇多庄〔有実朝朝臣八條院姫宮〕が承諾申しているが、共に見に来ない。いかにも不便である。三間の萱葺屋は、風が冷たく月が明るい。

 

 七日 天気晴れ

明け方、松明を取って出発。井口王子(※井ノ口王子※)に参る(この王子は新王子だとのこと。先達とともに行く)。ここで御幸を待つ。
忠信少将は輿に乗って来て会して奉幣する。語って言うことには、昨日足を痛めたとのこと。

しばらくして御幸に臨む。儀式の順序は例の如し。
終わり競い出て騎馬して、池田王子に参り、ここで琵琶を弾かれる法師に物をお与えになる〔小袖「襖」か〕。

これより先陣して浅宇河王子(※麻生河王子〔あそかわおうじ〕※)に参り、御幸を待たずにまた先陣して鞍持王子に参る。また昼食所〔コ木のニ王堂とのこと。吉祥音寺とのこと〕に馳せ入る。食事が終わって胡木新王子(※近木王子〔こぎおうじ〕※)に参る。
これより(歩行で)御所を指し過ぎる。昼御宿は此野鶴子とのこと。サ野王子に参る。次に籾井王子に参って、御幸を相待つ。
やや久しくして御幸に臨んだ。

御奉幣、里神楽が終わって乱舞。拍手は相府(※しょうふ。大臣のこと※)にまで及ぶ。次にまた白拍子が加わる。五房・友重をもって二人舞。次に相撲三番。
終わって競い出て騎馬にてまず厩戸王子に参り、すぐに宿所に馳せ入る。

この御宿は惣名は信達宿である。ここは厩戸御所とのこと。例の如く萱葺きの三間屋(※正面の柱間が三つある建物?※)がある。国から宛てがった御所は極めて近く、かえって恐れを懐く。

戌の時(今の午後8時頃。また、午後7時から9時まで、または午後8時から10時まで)のころにお召しがあって参上し、御前に召し入れられ、2首を被講する。
急にお言葉があって直題を書かせられる。次第雪爲先。
例の如く読み上げた。御製はまたもって殊勝である。

夜に入って2首当座

 愚歌

  暁初雪

 いろいろのこのはのうへにちりそめて
  ゆきはうづますしのゝめのみち

色々の木の葉の上に散り始めて、雪が夜明け方の道を埋める。

  山路月

 袖の霜にかげうちはらふ深山路も
  まだ末とほき夕づきよかな〔希有々々〕

袖に霜のような月の光が差し、それを打ち払って歩く夕月夜の深山の道。まだ宿所は遠いなあ。


読み上げて、人々が詠吟してすぐに退出する。
内府・宰相中将・大弐・三位中将・下官(定家)・長房・定通・通方・信綱・家長・清範らである。

 

 八日 天気晴れ

明け方に出発して、信達一之瀬王子に参る。
また坂中で祓する。次に地藏堂王子に参る。次にウハ目王子(※馬目王子※)に参り、次に中山王子に参り、次に山口王子に参り、次に川辺王子に参り、次に中村王子に参り、次に昼養の仮屋に入る〔ハンザキ〕。
従者らの手配がなく、その仮屋は甚だ荒れている。ここで時ならぬ水コリがある。

御幸を相待つが甚だ遅い。忠信少将が参り会って、しばらくして先にこの王子〔ハンサキ(※吐前王子※)〕に参る。しばらく相待つ間に御幸が終わる。
先に出て御祓所〔ワザ井ノクチ〕を設ける。

(日前宮奉幣を勤仕の事)日前宮の御奉幣である。
(予が御幣使となる。その儀式)
しばらくして、ここで御祓があった。予は御幣を取って立つ。御祓が終わって庁官に返し給う。神馬2疋を引かさせ、御幣を持って、日前宮に参る。
社殿の前は甚だ厳重であるが、予の浄衣と折烏帽子は甚だ平凡である。但し道の習わしは何ともしようがない。

両社(※日前神宮・国懸神宮〔ひのくまじんぐう・くにかかすじんぐう〕※)の間中央の石畳(舞台のようだ)の上に座す〔こも二枚を敷いて座となす。中を切ったのは西東の区切りためか〕。
神職の教えによって、御幣を取って拝す〔前後の両段〕。
神職に捧げる〔御使は御幣を取って拝舞する。そんな例を知らない。諸社の奉幣使は御幣を社に捧げて笏をもって拝するが、どうだろうか?〕。

神職は唐笠を差して来る。〔日の光に当たらないためとのこと。普通の束帯である。ただしこの男は大宮司の息子であるとのこと。その父においては紙冠を戴き、戸外には出ず、戸内にいて僅かに見える〕御幣を取る。

黄衣冠の神人(※じにん。神社に所属した奉仕者※)に、中門の戸内に入らさせ、祝詞。それを聞き終わると、神人がまた中門を出て還祝がある。
予は立って、東のこもに座す。また御幣〔本より2本である〕を取って拝し同じく神職に捧げる。
順序は例の如し。終わって退出〔石畳の下でシトを徹し、やはり脛巾を付ける。この役を奉仕するのは恐れがある〕。

これより道に向う。はなはだ遠い。満願寺を過ぎる間に、僧らが忽ちに喚び入れる。毎度日前御幣使はこの寺に参るとのこと。無理矢理に参入させられた。役人が御誦経物をそろえると、僧らは「品が乏しい〔先例に似ない〕」という。すこぶるおもしろくない。僧が仕方なく礼盤(※らいばん。本尊の前で礼拝し誦経するための高座※)に昇る間に予は退出する。

遠路を凌いで道に出て、ナクチ王子に参る〔これより先また2つの王子がいらっしゃるとのこと。ワサ王子・平緒王子は道の途上にないので参らない。先達だけが奉幣する〕。
次に松坂王子に参る(子を抱く盲女がいた)。次に松代王子に参る。次に菩薩房王子に参る〔これより歩く〕、次に祓戸王子に参る。次に藤白宿に入る〔御所まで行かない。三町ほど離れた小宅である〕。疲労で身を横たえる。

 

 漢文は不得手なので、間違っている箇所が多々あると思います。お気づきの点などございましたら、ぜひご指摘ください。メールフォームはこちら

next

(てつ)

2009.2.23 UP
2010.10.29 更新

 ◆ 参考サイト・参考文献

ゆーちゃん(歴史好きの百姓のペ−ジ)
 熊野御幸記(読み下し)

『本宮町史 文化財篇・古代中世史料篇』

Loading...
Loading...

 

■熊野御幸記
現代語訳1
現代語訳2
現代語訳3
現代語訳4
現代語訳5
ブログ版

■熊野懐紙
1.遠山落葉、海辺晩望
2.山河水鳥、旅宿埋火
3.山路眺望、暮里神楽
4.古谿冬朝、寒夜待春
5.行路氷、暮炭竈
6.深山紅葉、海辺冬月
7.峯月照松、浜月似雪

amazonのおすすめ

 

 


み熊野トップ>熊野旅行記