■ 熊野の歌

 み熊野トップ>熊野の歌

カスタム検索

◆ 源実朝


 源実朝(みなもとのさねとも、1192〜1219)。
 鎌倉幕府三代将軍。源頼朝の二男。母は北条政子。
 建仁3年(1203)、兄頼家(よりいえ)が殺害されたため、11歳の実朝が後を継いで征夷大将軍になります。

 しかし、政治の実権は北条氏が握っているため、実朝は武家でありながら、御鳥羽院や宮廷文化に憧れを抱き、藤原定家に歌を学び、歌道に励みました。
 建保7年(1219)1月、右大臣昇進を鶴岡八幡宮で祝う席で、頼家の子・公暁(くぎょう)に暗殺され、27歳の若さで死亡。これにより源氏の将軍は三代で絶えてしまいました。

 歌人としての実朝は、定家に「人麻呂・赤人にも劣らぬ当世不相応の達者である」と評されるほど優れ、その万葉調の歌は、後世、賀茂真淵や正岡子規、斎藤茂吉らによっても高く評価されました。

 実朝の家集『金槐(きんかい)和歌集』には熊野関連の歌が幾首か見えますが、実朝が熊野を詣でたという記録は見当たりません。

・『金槐和歌集』より5首。

1.ホトトギスの鳴き声を神への祈りに見立てた歌。

社頭の時鳥

五月雨(さみだれ)を幣(ぬさ)に手向(たむ)けて み熊野の山時鳥(やまほととぎす)鳴き響(とよ)むなり

(夏 142)

社殿の前のほととぎす。
五月雨を幣として神に手向けて、熊野の山時鳥が辺りに響くように鳴いている。

2.熊野のご神木である梛(なぎ)の木のことを詠んだ歌。

社頭の雪

み熊野の梛(なぎ)の葉しだり降る雪は神のかけたる垂(しで)にぞあるらし

(冬 312)

社殿の前の雪。
熊野の梛の葉を重みで垂れ下がらせて降る雪は、神が掛けた垂(しで)であるらしい。
「しで」は注連縄や玉串につけて垂らす紙。

.恋の歌。

涙こそゆくへも知らね三輪の崎 佐野の渡りの雨の夕暮

(恋 499)

あてどなく涙が溢れてくる。三輪の崎の佐野の渡し場の雨の夕暮れ。
三輪の崎は新宮市三輪崎。佐野は新宮市佐野。

4.恋の歌。

み熊野の浦の浜木綿(はまゆふ)言はずとも思ふ心の数を知らなむ

(恋 506)

熊野の浦の浜木綿(はまゆう)ではないが、口に出して言ういう)こともできずにいるが、あなたを思う私の心の丈をあなたに知ってほしい。

柿本人麻呂の「み熊野の浦の浜木綿百重(ももへ)なす心は思へど直(ただ)に逢はぬかも」(『万葉集』巻第四 496・新499)を本歌とする。

5.那智の滝を詠んだ歌。

那智の滝のありさま語りしを

み熊野那智のお山にひく注連(しめ)のうちはへてのみ落つる滝かな

(雑 651)

熊野の那智のお山に引かれた注連縄のように、ただ長々と落ちる滝だなあ。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

(てつ)

2003.6.22 UP

 ◆ 参考文献

新日本古典文学大系46『中世和歌集 鎌倉篇』岩波書店

 

 

■実朝の熊野関連の歌
・金槐集…5首

■登場する熊野の地名
・熊野…4ケ所
 内、み熊野の浦…1
三輪の崎…1ケ所
佐野…1ケ所
那智…2ケ所

楽天おすすめ商品


み熊野トップ>熊野の歌