■ 熊野を知るためのキーワード

 み熊野トップ>キーワード

カスタム検索

★ 垢離(こり)


 垢離とは神仏に祈願するために心身を水で浄めることで、その行を「垢離を掻(か)く」といいます。川で行なう場合は水垢離、海では潮垢離、温泉では湯垢離といいます。

 熊野詣の道中で垢離を掻いた場所は、紀ノ川の吐崎(はんざき)、石田川(いわたがわ、今の富田川)の稲葉根滝尻、日置川の近露、湯川川の湯川、本宮の音無川。海辺では千里の浜など。

(てつ)

2008.10.20 UP

 ◆ 参考文献

小山靖憲『熊野古道』岩波新書

Loading...
Loading...

amazonのおすすめ

 


み熊野トップ>キーワード