み熊野ねっと 熊野の深みへ

熊野本宮大社例大祭・本宮祭(くまのほんぐうたいしゃれいたいさい・ほんぐうまつり)

 和歌山県田辺市本宮町本宮 本宮:紀伊続風土記(現代語訳) 本宮村:紀伊続風土記(現代語訳)

熊野本宮の最も大きなお祭り

熊野本宮大社例大祭

 熊野本宮大社で行われるもっとも大きな祭りが春の例大祭です。

4月13日

 例大祭は4月13日の「湯登神事」に始まります。父親の肩車に乗った稚児(2、3歳の男の子)を中心に神職、修験者、伶人(楽を奏する人)、氏子総代など40~50人が午前9時半、熊野本宮大社を出発し、旧JRバス本宮駅まで太鼓を打ちならし、神歌を歌いながら、練り歩きます。
 神は稚児の頭に宿るとされ、神事の際以外は稚児を地面に降ろしてはならず、移動の際は父親が肩車をしていなければなりません。

 駅からはバスで湯の峰へ。湯の峰では、老舗旅館の温泉で沐浴潔斎し、昼食をとります(「あづまや」という旅館が奉仕しています)。その後、午後1時、湯の峰を行列をなして出発。

 湯の峰王子にて八發(やさばき)神事などを奉納したのち、熊野古道大日越えをし、大日山月見岡神社で再び八發神事を行います。熊野本宮本来の入口であった旧社地西の鳥居前、「札の辻」と呼ばれる場所で解散。

 八發神事では、小鼓を抱いた稚児を、笛と太鼓と歌に合わせて、父親が左に3回、右に3回、左に3回まわします。稚児に神を憑依させる所作といわれていますが、ぐずって泣き出したりする稚児がでて大変なときもあります。(^-^;A 父親は神事のときだけ稚児を地面に降ろすことができます。

 夕方午後5時からは「宮渡神事」。大社から旧社地へ。暗くなってくるので、提灯に火を灯して末社の真名井社へ。大社・旧社・真名井社のそれぞれで八發神事が行われます。その後、大社鳥居前で解散。 2013年の宮渡神事の模様

4月14日

 14日は「船玉大祭」と「前夜祭」。「船玉大祭」は、航海安全と大漁満足を祈念する漁業・造船関係者の祭典。「前夜祭」は神職だけの神事。

4月15日

 15日は、午前9時(たしか2014年までは8時からでした)から「本殿祭」、午後1時から「渡御祭」、午後4時から「還御祭」が行われます。

 「本殿祭」は本殿前で神事が執り行なわれ、参列者全員による玉串奉奠も行われます。

 午後1時からの「渡御祭」が本宮祭のメインイベント。

 13日のメンバーに天狗、旗、挑花、御輿などが加わり、100人を越える行列で熊野本宮大社から真名井社を経て旧社地へお渡りします。例大祭最大の行事です。

 旧社地では午後2時頃から斎庭神事(さいていしんじ)が行われ、神事や舞、護摩焚きが奉納されます。

 稚児と父親が行う八發神事の他、とくに重要だと思われるのが氏子子弟による大和舞の奉納です。
 この舞いを舞うときに歌われるのが、「有馬の窟(いわや)の歌」「花の窟の歌」で、本宮が三重県熊野市有馬町にある花の窟と関わりを持っていることを示しています。

 ・有馬の窟の歌

有馬や祭は花の幟立て笛に鼓に 歌ひ舞ひ 歌ひ舞ひ

 ・花の窟の歌

花のや岩屋は神の岩屋ぞ祝へや子供 祝へ子等 祝へ子等

 最後にもちまきを行って盛り上がります。もちまきが終了すると、一般の人々は三々五々散っていきます。

 そののちに行われるのが「還御祭」。旧社を午後4時頃出発して大社に向かい、大社で再び神事を行い、例大祭は終了します。

 なお行列は、13日も15日も、

囃 しらまゆみしらまゆみ やがていのりのかどをこそ

歌 ならのはおととこがねのすずこそならしみかぐら やよありやそうやそ ありやそうやそう

 という神歌を氏子総代が歌いながら進みます。

 熊野本宮関連の熊野の説話

古典に見る熊野本宮参拝の模様

トーク原稿「熊野や熊野本宮のスゴいところ、いろいろ」

(てつ)

2002.3.22 更新
2002.3.27 更新
2003.4.23 更新
2013.4.8 更新
2013.4.16 更新
2014.4.18 更新
2016.4.19 更新
2020.3.3 更新

参考文献

熊野本宮大社へ

アクセス
・ JR新宮駅から熊野交通バス奈良交通バス明光バス熊野古道スーパーエクスプレスで約1時間15分、本宮大社前バス停下車
・JR紀伊田辺駅から龍神バスで約2時間、本宮大社前バス停下車

駐車場:無料駐車場あり

熊野古道レポート
本宮町の観光スポット