■ 熊野の歌

 み熊野トップ>熊野の歌

カスタム検索

◆ 催馬楽「紀の国」


 催馬楽(さいばら)は、上代の各地の民謡や戯れ歌などを雅楽風に編曲したもので、平安時代中期に流行しました。和琴(わごん)や笛などを伴奏にして笏拍子(しゃくびょうし)を打って歌いました。

 呂歌(りょのうた)に「紀の国」と題された歌があり、それは白良浜(しららはまを歌っています。

紀の国 拍子十六 二段 一段九 二段七

紀の国の 白良の浜に ま白良の浜に 降りゐる鴎(かもめ) はれ その珠持て来

風しも吹けば 餘波(なごり)しも立てれば 水底(みなぞこ)(き)りて はれ その珠見えず

本説 「かぜしもふいたればなごりしもたてれば」。また件の歌、もと四段なり。しかるを只だ二段を用ゐる。その歌、段の詞に云ふ。

紀の国の白良浜に降りているカモメよ。その珠を持ってこい。(人の言葉)
風も吹くから余波が立つので水底がくもって、その珠が見えない。(カモメの返事)

「その珠」は、海中にある珠。真珠。貝殻が磨かれて丸くなったものも指すらしい。

 「本説」にあるように、この歌はもとは全四段でしたが、のちに後二段は廃絶しました。しかし、重種本神楽歌にその全体が見えるので、それによって廃絶した後二段も紹介しておきます。

風しもやみなば なごろしも居なば あさりて持てこ その鳩 その鳩島に

その鳩 その鳩島に 風しもやみなば この珠あさりもてかも

風が止んだら、余波が静まったら、採って持ってこい。その鳩島に。(人の言葉)
その鳩島に風が止んだら、この珠を採って持っていこう。(カモメの返事)

「鳩島」という島があるものとして訳しましたが、もしかしたら鳩に呼びかけているのかも。

(てつ)

2005.8.25 UP

 ◆ 参考文献

日本古典文学大系『古代歌謡集』岩波書店

白良浜
白良浜

楽天おすすめ商品


み熊野トップ>熊野の歌