み熊野ねっと 熊野の深みへ

やどかし水神(やどかしすいじん)

三重県熊野市五郷町桃崎 桃崎村:紀伊続風土記(現代語訳)

20数種類の植物に宿を貸している岩

やどかし水神

 奥の宮 太郎坊権現へ向かう途中の林道沿いにある、今は廃墟となった高尾遊園地(高尾谷遊園地)の辺りにあるやどかし水神

 遊園地の入口付近に「天然記念物 やどかし水神」の説明板が転がっていました。

やどかし水神

 遊園地の廃墟に鳥居があって、その川向こうに岩があります。岩の上には木が生えていて、木の根元には小さな祠が祀られています。
 岩の上に20数種類の植物が棲息していて、かつては天然記念物に指定されていました。

 岩の上に棲息する植物(説明板より。判読しにくい箇所は○で)。
 スギ、ケヤキ、アカガシ、サクラ、タケ、ヤマハゼ、イヌガヤ、フジツタ、タカオモミジ、アケビ、テイカカズラ、ハナイカダ、シシラン、ヤブコウジ、メダケ、ユキノシタ、ヒメヤブラン、ナワシロイチゴ、マメツタ、○○○○、オオハナワラビ、アオキ、ベニシダノキシノブ

 植物に宿を貸している岩、生命を宿す岩。
 植物を育むのは水。ということで水神が祀られているらしいです。

 やどかし水神に似た所が三重県熊野市にもう1ヶ所あるらしいです。 熊野市飛鳥町大又高瀬(こうぜ)。

 遊園地の廃墟はちょっとこわかったです。

(てつ)

2009.11.13 UP
2020.2.7 更新

参考文献

やどかし水神へ

アクセス:JR熊野市駅から車で50分くらいでしょうか。
駐車場:駐車場スペースあり


熊野市の観光スポット