■ 熊野の歌

 み熊野トップ>熊野の歌

カスタム検索

◆ 河合曾良の俳諧


 江戸時代前期の俳諧師、松尾芭蕉(まつおばしょう。1644〜1694)の門弟、河合曾良(かわいそら。1649〜1710)。
 蕉門十哲(しょうもんじってつ。松尾芭蕉の門弟のうちで、とくに優れた10人をいう)のひとりで、奥羽の北陸への『おくのほそ道』の旅に同行したことで知られています。

 河合曾良は、元禄4年(1691)、近畿を巡る旅をしました。その折、熊野三山も巡拝し、その後、京都嵯峨野の落柿舎(らくししゃ。蕉門十哲のひとり向井去来の別宅)に芭蕉を訪ね、旅の模様を語り、作句を披露します。
 そのときの句が芭蕉の『嵯峨日記』に記されています。

・『嵯峨日記』より1句。 

くまの路や分(わけ)つゝ入れば夏の海     曾良

(てつ)

2005.7.18 UP

 ◆ 参考文献

日本古典文学大系『芭蕉文集』岩波書店

楽天おすすめ商品


み熊野トップ>熊野の歌