■ 熊野の歌

 み熊野トップ>熊野の歌

カスタム検索

◆ 錦の浦


 和歌山県東牟婁郡那智勝浦町の丹敷浦(錦浦、にしきうら。那智浦ともいう)が登場する歌。
 錦の浦については諸説がありますが、那智湾のことを丹敷浦と呼びます(JR那智駅からすぐ)。かつて観音の信者が補陀落浄土への船出を行った海です。
 現在では、海浜は夏場、海水浴場として利用されています。和歌山県下屈指のビーチです。
 JR那智駅近くにある
熊野三所大神社には、『日本書紀』の神武東征の折の記述に登場する熊野の土豪の女酋長・丹敷戸畔(にしきとべ)が祀られています。

『後拾遺和歌集』から1首

錦の浦といふ所にて/道命法師

名に高き錦の浦をきてみればかづかぬあまは少なかりけり

(巻第十八 雑四 1075)

名高い錦の浦に来て見ると、褒美を与えられない海人は少なかったよ。水中に潜らない海人が少ないように。
錦の浦を錦衣を見立てて詠んだ歌。
「浦」に「裏」を掛ける。
「きて」に「来て」と「着て」を掛ける。
「かづかぬ」に「被かぬ」と「潜かぬ」を掛ける。
「被く」は、貴人から褒美として賜った衣類などを肩にかけること。
「潜く」は、水中に潜ること。
「海人」に「尼」を掛けるか。

『道命阿闍梨集』には「志摩国の錦の浦といふ所にて」と「名にたてる錦の浦をきてみればかづかぬあまは少なかりけり」とあるが、契沖は紀伊国かという。中世には出雲国の歌枕と考えられていた。

・『文応三百首』:宗尊親王(むねたかしんのう、1242〜1274)の家集から1首

こきまずる柳桜もなかりけり 錦の浦の春のあけぼの

(春七十首 28)

まぜあわせる柳桜もないことだ。錦の浦の春の夜明け方は。
「見渡せば柳桜をこきまぜて都ぞ春の錦なりける」(古今集・春上・素性)を本歌とする。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

(てつ)

2003.5.22 UP

 ◆ 参考文献

新日本古典文学大系8『後拾遺和歌集』岩波書店
新日本古典文学大系47『中世和歌集 室町篇』岩波書店

 

 

■那智海水浴場
那智浦

■「錦の浦」が登場する歌
後拾遺集…1首
・文応三百首…1首

■歌の作者
道命法師…1首
宗尊親王…1首

楽天おすすめ商品


み熊野トップ>熊野の歌