■ 熊野の本

 み熊野トップ>熊野の本>小説・エッセイ

マンガ小説・エッセイ参考文献ガイドブック参考文献一覧立ち読みコーナー売り上げランキング
てつのバインダーてつの読書記録ブログ

カスタム検索

◆ 梅原猛『中世小説集』新潮文庫


レビュアー:てつ(2007.8.30 UP)

 梅原猛氏初の小説集。8篇の短編が収められていて、そのうちの1篇が「熊野の本地」。

 熊野の本地(熊野の神様の前世)を熊野比丘尼が聴衆の前で語るという形の小説です。ストーリーはもちろん、私が『神道集』から現代語訳した「熊野の本地」と同じですが、細部に梅原猛氏の創作が入っています。

 どの部分が創作なのか、私の現代語訳と読み比べてみるのもおもしろいかも。

(てつ)

中世小説集 (新潮文庫)
中世小説集 (新潮文庫)梅原 猛

おすすめ平均
stars命・怨霊・怪異・人間の業に対する氏のあくなき探究心が生んだ魂の小説集

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

梅原猛著作集〈20〉小説集―中世小説集・もののかたり・ギルガメシュ
梅原猛著作集〈20〉小説集―中世小説集・もののかたり・ギルガメシュ梅原 猛


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

梅原猛さんの著作

 

 


み熊野トップ>熊野の本>小説・エッセイ