■ 熊野の本

 み熊野トップ>熊野の本>参考文献

マンガ小説・エッセイ参考文献ガイドブック参考文献一覧立ち読みコーナー売り上げランキング
てつのバインダーてつの読書記録ブログ

カスタム検索

◆ 栗田勇『一遍上人―旅の思索者―』新潮文庫


レビュアー:てつ(2004.8.30 UP)

 南北朝から室町時代にかけて熊野信仰を盛り上げていったのは、時衆(のちに時宗)という仏教の一派でした。
 時衆とは、一遍上人(いっぺんしょうにん。1239〜1289)を開祖とし、鎌倉中期から室町時代にかけて日本全土に熱狂の渦を巻き起こした浄土教系の新仏教です。

 時衆の念仏聖たちは南北朝から室町時代にかけて熊野の勧進権を独占し、説経『小栗判官』などを通して熊野の聖性を広く庶民に伝え、それまで皇族や貴族などの上流階級のものであった熊野信仰を庶民にまで広めていったのでした。

 時衆の念仏聖たちは熊野を特別な聖なる場所と認識していました。
 それは、熊野本宮が、時衆の開祖とされる一遍上人がある種の宗教的な覚醒に到った場所だからです。

 本書は、死に臨んで所持するすべての記録を焼き払った一遍上人の思想を知るための、ほとんど唯一の資料といえる国宝の絵巻物『一遍聖絵』から一遍上人の跡をたどり、一遍の生涯や思想を明らかにする1冊です。私が知る一遍本のうちでは最高傑作。
 芸術選奨文部大臣賞受賞。

(てつ)

一遍上人―旅の思索者 (新潮文庫)
一遍上人―旅の思索者 (新潮文庫)栗田 勇

おすすめ平均
stars栗田勇氏の代表傑作

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

栗田勇さんの著作

熊野高野 冥府の旅
白隠禅師の読み方―今に甦る「心と体の調和 内観法」の極意
良寛
雪月花の心―Japanese Identity
道元の読み方―今を生き切る哲学--正法眼蔵
千利休と日本人―いま甦る「ばさら」の精神
一遍上人―旅の思索者
わがガウディ―劇的なる空間
良寛入門―もっと愚かに、もっと伸びやかに生きる道
道元・一遍・良寛―日本人のこころ
花のある暮らし
漂民―遠藤伸樹覚書
イスラム・スペイン建築への旅―薄明の空間体験
生きる知恵を学ぶ
飛鳥大和 美の巡礼
女人讃歌―甲斐庄楠音の生涯
最澄〈1〉

 

 


み熊野トップ>熊野の本>参考文献