■ 熊野の本

 み熊野トップ>熊野の本>マンガ

マンガ小説・エッセイ参考文献ガイドブック参考文献一覧立ち読みコーナー売り上げランキング
てつのバインダーてつの読書記録ブログ

カスタム検索

◆ 川原正敏『修羅の刻 陸奥圓明流外伝』(7〜10) 講談社コミックス


レビュアー:てつ(2003.1.30 UP)

 格闘技マンガ『修羅の門』の外伝。源義経が主人公。武蔵坊弁慶との出会いの場面にはうるうるきます。奥州平泉の鎮守府将軍・藤原秀衡との出会いもいい。義経がとても魅力的です。

 物語の舞台としては直接、熊野は描かれてはいないのですが、兵二千舟二百艘という熊野水軍の長、熊野別当・湛増(たんぞう)が登場します。義経と湛増の出会いもなかなかいいです。湛増が登場し、熊野水軍が活躍するのは九巻と拾巻(湛増の初登場場面は九巻の140ページ)。

 『修羅の刻(とき)』シリーズ最長にして最高(個人的主観(*^o^*))の作品です。

(てつ)

修羅の刻(とき)―陸奥円明流外伝 (7) (月刊マガジンコミックス)
修羅の刻(とき)―陸奥円明流外伝 (7) (月刊マガジンコミックス)川原 正敏

おすすめ平均
stars第7巻目

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

川原正敏さんの著作

 

 


み熊野トップ>熊野の本>マンガ