■ 熊野の本

 み熊野トップ>熊野の本>小説・エッセイ

マンガ小説・エッセイ参考文献ガイドブック参考文献一覧立ち読みコーナー売り上げランキング
てつのバインダーてつの読書記録ブログ

カスタム検索

◆ 荻原規子『風神秘抄』徳間書店


     

 荻原規子さんのファンタジー小説。

 平安末期、平治の乱から物語は始まります。

 「お告げがあったとか、その手合いなのか? 言っておくが、熊野権現のお使いがどうのこうのという話だったら、おれは聞く耳をもたんぞ。熊野で信心するのは清盛のくそだ」(31頁)

 「熊野」という言葉が初めの方からちょこちょこ出てきます。そしてカラスが重要なポジションで登場してきます。
 主人公の少年は熊野巫女姿の少女と出会います。熊野山伏も登場。

 読み終えるのがもったいなくてちびちびと読みました。

 「……南の半島の海ぎわに、豊芦原じゅうでもっとも確実に異界へ通じる場所がある。なんといっても、黄泉の国へおわたりになった国生みの女神の墓所だからだ。そのあたりの土地を、人間たちは紀伊国と呼んでいる。熊野とも呼ぶ」

 神武を導いた八咫烏の正体。後白河上皇がなぜ熊野に34度も熊野御幸を行なったのか。

 熊野本宮花の窟が重要な場所として登場。 物語は熊野で終わります。

 第53回産経児童出版文化賞・JR賞、第46回日本児童文学者協会賞、第55回小学館児童出版文化賞を受賞。

荻原規子『RDG レッドデータガール はじめてのお使い』

荻原規子『RDG2 レッドデータガール はじめてのお化粧』

(てつ)

2009.2.4 UP

 


風神秘抄ー目次

第1部 落武者
 第1章 平治の乱
 第2章 魂鎮め
 第3章  上皇御所
第2部 舞と笛
 第4章 最後の源氏
 第5章 逃避行
 第6章 神隠し
第3部 鳥の王
 第7章 壊れた笛
 第8章 鳥彦王の帰郷
 第9章  再び生まれくるもの
あとがき

風神秘抄
風神秘抄
おすすめ平均
starsやはり素晴らしい
stars草十郎の一途な思いに胸がきゅんきゅん☆
stars日本史の星の時間を描いたサスペンスファンタジー
stars「人間」がいます。
starsこの歳になって

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

* * *

RDG レッドデータガール
はじめてのお使い (銀のさじ)

RDG レッドデータガール  はじめてのお使い (銀のさじ)

関連サイト
アンダンテ日記
 
荻原規子さんのブログ

荻原規子さんの著作

 

荻原規子さん原作の映像化作品

 

 


み熊野トップ>熊野の本>小説・エッセイ