■ 熊野の観光名所

 み熊野トップ>熊野の観光名所>熊野古道の歩き方

カスタム検索

◆ 熊野古道「伊勢路:川端街道(川丈街道)」


 本宮新宮を結ぶのが熊野川。院政期に詣でた上皇や貴族たち富裕層は川舟に乗って本宮から新宮まで移動しましたが、のちの庶民たちは熊野川沿いを歩いて新宮に向かいました。

 請川(うけがわ)から小雲取越に入り、途中、如法山から東に方向を変え、万歳峠(ばんぜとうげ)を越え、志古(しこ)に下り、楊枝(ようじ)の渡しで熊野川を渡って三重県側へ行き、三重県側の熊野川の岸を崖沿いに歩き、新宮近くの乙基(おとも)の渡しで再び熊野川を渡って新宮へ。

 楊枝から新宮までの参詣道は県道小船紀宝線の開通により大半が失われてしまいました。

 宣旨を持った天皇の使者(伝使)が、あまりの水かさに引き返したという「でんし帰り(宣旨帰り)」や、熊野比丘尼が転落したという「比丘尼転び」といった地名が残されます。

 車で行くなら新宮から楊枝へ向かって行き、同じ道を引き返してくるのがよいでしょう。乙基の渡し跡から楊枝の渡し跡までの県道小船紀宝線は、格好のドライブルートです。楊枝には三十三間堂棟木の由来で知られる頭痛山平癒寺 楊枝薬師堂があります。

 でんし帰り(宣旨帰り)の辺りの500mほどは歩行可能。

【熊野古道ガイドブック】をAmazonで探す


熊野古道「伊勢路:川端街道(新宮 → 楊枝薬師堂 → 新宮)」

● 新宮→ 楊枝薬師堂→ 新宮(車で往復約1時間)

熊野速玉大社 → 成川の渡し → 牛鼻の渡し → 乙基の渡し → 浅利の渡し → 飛雪ノ滝 → 比丘尼転び → 宣旨帰り→ 御本明神跡 → 地蔵道標 → 楊枝薬師堂 来た道を引き返して新宮に戻る

アクセス
  名古屋駅からJR紀勢本線、特急にて新宮市駅へ。

東紀州の宿泊施設新宮の宿泊施設

 ◆ 参考文献

観光案内所などに置かれている熊野古道のガイドマップ
宇江敏勝監修『熊野古道を歩く』山と渓谷社

【熊野古道ガイドブック】をAmazonで探す

  

熊野古道:伊勢路
川端街道(川丈街道)
ドライブルート

(約20km;車で往復約1時間)

・熊野速玉大社
  ↓
・成川の渡し
  ↓
・牛鼻の渡し
  ↓
・乙基の渡し
  ↓
・浅利の渡し
  ↓
・飛雪ノ滝
  ↓
・比丘尼転び
  ↓
・でんし帰り(宣旨帰り)
  ↓
・御本明神跡
  ↓
・地蔵道標
  ↓
・楊枝薬師堂

 楊枝薬師堂でUターンして新宮へ

 宿泊については、
新宮の宿泊施設
東紀州の宿泊施設
をご覧ください。

■「伊勢路」レポートのあるサイト
● Shimotsuma's Homepage
 ◎「熊野古道・伊勢路、大辺路」見聞記録

■熊野古道

熊野古道の歩き方
中辺路(滝尻〜本宮)
大雲取越・小雲取越
小辺路(高野山〜本宮)
大辺路(白浜〜那智)
伊勢路(伊勢〜新宮)
プチ熊野古道歩き
中辺路(三軒茶屋〜本宮)
中辺路(伏拝〜本宮)
中辺路(発心門〜本宮)
赤木越(発心門〜湯の峰)
大日越(本宮〜湯の峰)
中辺路(高野坂)
中辺路(大門坂〜那智大社)
中辺路(那智駅〜那智大社)
熊野古道 熊野九十九王子

世界遺産 熊野古道特集 熊野古道の魅力とは【楽天トラベル】

■熊野古道の地図(リンク)

和歌山県側の熊野古道の地図和歌山県の観光情報
三重県側の熊野古道の地図熊野古道

■東紀州の観光スポット

花の窟神社
産田神社
鬼ケ城
獅子岩
紀南ツアーデザインセンター
楯ヶ崎
七里御浜
新鹿海水浴場
大泊海水浴場
雑賀孫一の墓
大馬神社

東紀州の宿泊施設

amazonのおすすめ

お近くの宿


(てつ)

2008.12.19 UP

 


み熊野トップ>熊野の観光名所>熊野古道の歩き方