■ 熊野の観光名所

 み熊野トップ>熊野の観光名所>熊野古道の歩き方

◆ 熊野古道「伊勢路:浜街道(はまかいどう)コース(北)」


 木本(きのもと)から七里御浜沿いに新宮を目指す浜街道(はまかいどう)。巡礼道ともいわれ、木本から新宮までは海沿いの平坦な道を約25km。徒歩1日で歩き切れないことはないでしょうが、2日に分けて歩くと楽です。

 熊野市駅から浜伝いに40分ほど歩くと、イザナミノミコトの墓所と伝わる花の窟まで来ますが、その近くに、そのまま浜伝いに新宮に向かう「浜街道」と、内陸に入り本宮へ向かう「本宮道」との分岐点があります。

 浜街道ではいくつかある川の河口が難所で、河口渡りの際に波にさらわれ、命を落とした巡礼者も少なくなかったということです。

 『西国三十三所名所図会』には、

 木本の町はずれより百十町の間をいう。俗に七里の御濱という。
 この濱は木本の湊より新宮にいたる街道にして右の方は並木の松原百数十町連なり。左は東南の蒼海渺渺として白浪磯に打ちよせ、向こうに新宮の岬を見えし。沖を走る大舟釣おり、海士の小船などの風景言語に絶す。実に旅中第一の景地というべし。この濱辺は一円に碁石のみにしてほかの石を見ることなし。
 すなわち、那智黒と称するものなるべし。もっとも、大小相交り、色青きあり、黒きあり。又、清く麗しき事磨き研ぎたるが如く、その形円くして平かならざるはなし。故にこの近辺の人家の庭などはこの石を多く用いるを習いとす。是、当国の名産にして本朝名石の一なり。

 とあります。

 なお右のコースタイムの所要時間には休憩時間・見学時間・参拝時間などは含んでおりませんので、その点はご注意ください。

【熊野古道ガイドブック】をAmazonで探す


熊野古道「伊勢路:浜街道コース北(熊野市駅 → 阿田和駅)」

● 熊野市駅 → 花の窟 → 阿田和駅(約4時間コース)

熊野市駅 → 花の窟 → 道標 → 巡礼供養碑 → 浜辺の水神塔 → 阿田和駅

アクセス
  名古屋駅からJR紀勢本線、特急にて熊野市駅下車。

東紀州の宿泊施設

 ◆ 参考文献

観光案内所などに置かれている熊野古道のガイドマップ
宇江敏勝監修『熊野古道を歩く』山と渓谷社
みえ熊野の歴史と文化シリーズ1『熊野道中記 いにしえの旅人たちの記録』 みえ熊野学研究会編

【熊野古道ガイドブック】をAmazonで探す

  

熊野古道:伊勢路
浜街道コース北
コースタイム
(約12.2km;約4時間)

・熊野市駅
  ↓(1.7km;40分)
花の窟
  ↓(1.2km;20分)
・道標
  ↓(4.0km;80分)
・巡礼供養碑
  ↓(2.1km;40分)
・浜辺の水神塔
  ↓(3.2km;60分)
・阿田和駅

 東紀州での宿泊については、
東紀州の宿泊施設
をご覧ください。

■「伊勢路」レポートのあるサイト
● Shimotsuma's Homepage
 ◎「熊野古道・伊勢路、大辺路」見聞記録

■熊野古道

熊野古道の歩き方
中辺路(滝尻〜本宮)
大雲取越・小雲取越
小辺路(高野山〜本宮)
大辺路(白浜〜那智)
伊勢路(伊勢〜新宮)
プチ熊野古道歩き
中辺路(三軒茶屋〜本宮)
中辺路(伏拝〜本宮)
中辺路(発心門〜本宮)
赤木越(発心門〜湯の峰)
大日越(本宮〜湯の峰)
中辺路(高野坂)
中辺路(大門坂〜那智大社)
中辺路(那智駅〜那智大社)
熊野古道 熊野九十九王子

世界遺産 熊野古道特集 熊野古道の魅力とは【楽天トラベル】

■熊野古道の地図(リンク)

和歌山県側の熊野古道の地図和歌山県の観光情報
三重県側の熊野古道の地図熊野古道

■東紀州の観光スポット

花の窟神社
産田神社
鬼ケ城
獅子岩
紀南ツアーデザインセンター
楯ヶ崎
七里御浜
新鹿海水浴場
大泊海水浴場
雑賀孫一の墓
大馬神社

東紀州の宿泊施設

amazonのおすすめ

お近くの宿


(てつ)

2008.12.18 UP

 


み熊野トップ>熊野の観光名所>熊野古道の歩き方