■ 神事と芸能

 み熊野トップ>神事と芸能

カスタム検索

◆ 三社祭礼囃子(さんしゃさいれいはやし)  静岡県掛川市横須賀


Loading...

動画はGoogleの動画検索 Google ビデオ より

曲目
・大間(おおま)
・屋台下(やたした)
・馬鹿囃子(ばかばやし)
・昇殿(しょうでん)
・鎌倉(かまくら)
・四丁目(しちょうめ)

三社祭礼囃子(さんしゃさいれいばやし)

静岡県掛川市横須賀

県指定無形民俗文化財

以下三社祭礼囃子 - Wikipediaより転載
三社祭礼囃子は遠州横須賀三熊野神社大祭(静岡県掛川市横須賀)にて囃されるお囃子である。 静岡県無形文化財第一号に指定されている。
 (2007.7.7 12:59 の版より)

※ ※ ※ ※ ※

 江戸時代、遠州横須賀(現静岡県掛川市横須賀)第十四代城主・西尾隠岐守忠尚公(1689〜1760)が参勤交代で江戸にあった時、江戸で流行っていた祭礼囃子を家臣に習い覚えさせ、遠州横須賀に伝えたのが始まりとされます。

 三熊野神社は701年(大宝元年)、文武天皇夫人、藤原宮子(髪長姫)が皇子(後の聖武天皇)誕生の折にこの地に熊野本宮を勧請し創建した神社と伝わります。「子授け・安産・縁結びの神」として信仰されています。

(てつ)

2008.2.1 UP

 

amazonのおすすめ

 

 


み熊野トップ>神事と芸能